メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定義なし、席巻するモンゴル勢……。「冠」を返上すべきだ。

 「土俵にはカネが埋まっている」と言ったのは、故・二子山親方。栃若時代の名横綱・元若乃花である。勝てば、懸賞金が入る。まさに、土俵にカネが埋まっている。

 「のし袋」に入っている現ナマは(のぼり1本につき)3万円である。が、それは正確ではない。実は、懸賞を出す企業・団体が支払うのは6万2000円。そのうち、5300円が必要経費。残り5万6700円が力士の懐に入るのだが、3万円は「のし袋」に入り、2万6700円は納税充当金として、本人の名義で積み立てられる。 税金が払えないと、力士は相撲協会に積み立ていた納税充当金から支払う。余った分はもちろん、引退時にまとめて本人に手渡される。懸賞金はこんな仕組みだ。

 特定の力士を応援するため、彼の取組に決まって懸賞を提供する向きもある。例えば「ロボコップ」で人気だ…

この記事は有料記事です。

残り2249文字(全文2630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  3. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  4. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです