メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丸くなるのは世界で2カ所 糸状の藻が湖底で揺られて大きく育つ

[PR]

マリモが丸いのはなぜなの?
マキ「友達が北海道旅行に行って、マリモのお土産をもらったし」 ギョロ「小瓶に入った小さなマリモギョロ?」 マキ「そうだけどマリモって意味分かんないし」 ギョロ「湖や沼に生息する植物ギョロ」 マキ「初めて見たし」 ギョロ「チンが解説してやるギョロ。マリモの秘密を探りに北海道へGOギョロロ!」
マリモは淡水性の緑藻植物で、阿寒湖では1897年に札幌農学校(現在の北海道大)の学生が発見しました。形が丸く、「毬藻」と名付けました。北半球の約220カ所で生息が確認されていますが、球状での群生は阿寒湖とアイスランド・ミーバトン湖だけです。 ギョロ「特別天然記念物に指定されているギョロ」 国内のマリモの主な生息地は、チミケップ湖、阿寒湖、ペンケトー、パンケトー、シラルトロ湖、塘路湖、建古武湖、左京沼、小川原湖、市柳沼、田面木沼、内沼、姉沼、山中湖、河口湖、西湖、琵琶湖があります。
阿寒湖のマリモは湖底の糸状の藻が波に揺られて、無数に集まってできます。日光を浴びて成長し、野球ボール大になるのに150~200年かかるとされています。生態は謎も多く、アイヌ語で「トーラサンペ(湖の妖精)」と呼ばれています。 マリモは、まず湖底で藻が糸状に成長し、糸状の藻が集合します。そして、波に揺られて丸くなり、球状のマリモが群生するのです。 ギョロ「お土産のマリモは藻を人工的に丸くしたものギョロ」
マキ「マリモのことをもっと知ってみたくなったし」
最近のDNA研究で、北半球のマリモの起源が日本であることが明らかになりました。マリモを食べたハクチョウやカモなどの渡り鳥によって世界に広がったとみられています。 マリモは、世界では日本をはじめアイスランド、スウェーデン、エストニア、オーストリア、米国などに分布しています。 ギョロ「直径30センチほどになるマリモは阿寒湖だけギョロロ」
マキ「本物のマリモを見たいし」 森林伐採や発電所の建設による湖面の低下や、水質の悪化、ウチダザリガニによる捕食などで、阿寒湖の群生地は2カ所に半減し、環境省の絶滅危惧種にもなりました。地元は保護活動を展開しています。阿寒湖はラムサール条約に登録されたほか、世界自然遺産を目指す動きもあります。 ギョロ「阿寒湖の群生地は立ち入り禁止ギョロ。展示観察センターで見られるギョロロ」
マリモが丸いのはなぜなの? 球状マリモの群生地は世界で2カ所で、30センチ大のマリモは北海道阿寒湖だけギョ。マリモは糸状の藻が湖底で集まって丸くなるギョロ。 ギョロ「ギョロ星もマリモと同じく丸いギョロ」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです