メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「談話」と「会話」の違い

1人? 複数? 話すだけ? 戦後70年 首相が出すのは?

[PR]

「談話」と「会話」の違いとは? 善蔵「喫茶サクライは……」
ケビン「喫茶サクライは、ナニ?」 善蔵「スマ町銀座商店街の『談話室』のようなものですね……。日々、いろいろな秘密の話が、ここで繰り広げられているわけですから」 ケビン「秘密の話ネェ……。全然、秘密になっていないと思うケド」 善蔵「『談話』と言えば『河野談話』とか『村山談話』とかですね。スマ町だったら、『ギョロ談話』とか『火達磨談話』か……。あんまり重要じゃなさそう」
ケビン「戦後70年。そういった言葉を改めてよく聞く年デスネ。でもそれらの『談話』は秘密ではないデショ」 善蔵「そうですね。でも、そもそも『談話』ってどんな意味なんですか? 単に『話す』ということではないんですか?」 ケビン「分かりマシタ。今回は『談話』と『会話』についてご説明シマショウ!」
今回のテーマは「談話」と「会話」の違いです。 どちらも「話をすること」という意味ですが、どんな違いがあるのでしょうか? 「談話」には、「話をする」以外に「形式張らずに意見を述べること」という意味もあります。
しかし、歴史認識問題などで首相や官房長官が発表する「談話」は、国を代表す る公式見解と受け止められます。「形式張らずに」とはいえ、いい加減であるこ とは許されないのです。 一方、「会話」は「複数の人が互いに話をすること」です。「会話」は1人ではできませんね。 ケビン「似た言葉に『懇話』がありますが、これは『打ち解けて話し合う』という意味デス」
善蔵「『ギョロ談話』ありそう……」
善蔵「『チンは世界平和を願うギョロ』なんていう『ギョロ談話』ありそうですね」 ケビン「確かにギョロさん、頼まれもしないのに作っていそうデース。しかし、この場にいないギョロさんの話題を持ってくるとは、主人公としてはまだまだ力不足……」 善蔵「よ、余計なお世話ですってば!」
では、今回のまとめです。 「談話」は意見を述べること、またその内容。 「会話」は複数の人が話をすること。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです