メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィッシング

三井住友銀の偽サイト誘導メール 拙い日本語でバレバレ

送られてきたメールの文面

集めた入力情報丸見え からかう内容で埋め尽くされ

 三井住友銀行の偽サイトに誘導する、つたない日本語のフィッシングメールが7月に入って数多く出回っている。ただ、サイト開設者の設計ミスで、入力させたデータが丸見えになっており、「warota(笑ろた)」などからかう言葉で埋めつくされていた。「だましたつもりがだまされて」の状況が垣間見える。

 メールの件名は「SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION-INTER…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文878文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです