メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

オールスター戦の巻

夏の球宴 ファン、選手、監督から選ばれた精鋭たちのプレー

[PR]

プロ野球のオールスター戦が7月17日と18日に開催されます。 1951年から開催されているセ・パ両リーグの選抜チームによる対抗試合です。 真夏の球宴として歴史あるスポーツイベントです。 今年はセ・リーグは巨人の原辰徳監督、パ・リーグはソフトバンクの工藤公康監督が指揮します。 出場する選手は、ファン投票と選手間投票、監督選抜で選ばれます。
2015年のファン投票最多得票は19歳の西武の森選手です。 10代の選手が最多得票とはオールスター史上初です。 米大リーグから今季復帰した広島の黒田選手が8年ぶりにファン投票で選ばれたのも話題です。 日本ハムの大谷選手は先発投手部門で初めて選ばれました。 昨年のオールスター戦では球速162キロを投げ、「日本球界最速投手」の称号に輝きました。 選手間投票ではファン投票で選ばれなかった選手の出場も決まりました。 巨人の阿部捕手は08年に選手間投票始まって以来、ただ一人8年連続の選出です。 みんなの人気と期待で選ばれているのですね。 技術と力量が認められたので名誉なことです。
オールスター戦はペナントレースの前期と後期の区切りを付け、気分を新たにするという大きな意味もあります。 単なるお祭りではないですが、最近価値が低落傾向にあると言われています。 セ・パの交流試合が05年に始まったことの影響もあるようです。 先発・中継ぎ・抑えと3部門に分かれた投手のファン投票を一つにまとめた方がいいという意見もあります。 2試合や3試合だとこなすには特に投手を増やさざるをえなくなってしまいます。 投票が少なかった選手の出場も多くなります。 開催を1試合だけにしようという声もあります。 限られたスターしか出られないお祭りにするべきなのですね。 きらめく恒星だけが集まった華やかな試合こそオールスターですからね。 オールスター戦の見所はまだまだあります。 MVPの選出です。
MVPといえば清原選手です。 史上最多7回も最優秀選手に選ばれました。 ゴジラ松井選手も活躍しました。 4試合連続本塁打は球宴史上初の達成でした。 江夏投手の71年の9連続奪三振、江川選手の84年の8連続奪三振も忘れがたいです。 ののかちゃんは、虎鉄先生のおかげでオールスター戦を見るのがとても楽しみになったようですね。 今年のMVPは虎鉄先生に決定だそうです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  2. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです