メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

音楽聴き放題!の巻

米アップルが参入 定額制の流れは加速する?

[PR]

マキちゃんが好きなアーティストの新曲のCDが2枚入荷したようです。 しかし、マキちゃんはどちらも買わないようですね。 なぜなのでしょうか。 米アップルの新サービス「アップルミュージック」で聴くようです。 定額で3000万曲以上が聴き放題なのです。 「アップルミュージック」は月980円で、家族6人まで利用できるファミリープランは月1480円(税込み)です。
iPhoneの場合のアップルミュージックの聴き方(始め方)は、まずiOSをアップデート。アイコンをタップし個人かファミリーを選択します。 左下のハートマークをタップし好きなジャンル、次に好きなアーティストを選択して完了です。 「For You」は好みの曲が多いです。 アップルミュージックの特徴はオフラインでも聴けることです。 再生方法は、右下の「…」をタップし、「オフラインで再生可能にする」を選択すればOKです。 電波の入りにくい場所でも楽しむことができますね。
アップル以外にもミュージックサービスはあるのでしょうか。 無料通信アプリ「LINE」は150万曲以上が聴き放題です。 「ラインミュージック」プレミアムプラン(時間無制限)は、月1080円(税込み)です。 学生割引だと600円になります。 ラインミュージックの聴き方は、アプリをインストールしログインすれば完了です。 ラインミュージックはスタンプのように友達に曲が送れます。 他にもエイベックスとサイバーエージェントの「AWA」やNTTドコモの「dヒッツ」、海外で人気の「スポティファイ」も年内に日本上陸します。 定額制の音楽聴き放題の波はもう止められません。
しかし、自分が聴きたいアーティストの曲が入っているのでしょうか。 歌声なしのオルゴールばかりなどはがっかりしてしまいます。 それは無料期間内に確認したほうがよさそうですね。 響さんは、日本ではまだまだCDが売れ、音楽をレンタルするのも人気だと考えています。 マキちゃんは、欧米では流行っているため、日本でも定着すると予想しています。 響さんは自分のお店で買ったらポスターをプレゼントしようと考え、マキちゃんは限定グッズは魅力的だと思っています。 これぞ日本のコレクター魂ですね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです