特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2

映画上映会 天文愛好家・会津そらの会、福島・会津若松で19日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 昨年12月に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」を応援しようと、福島県会津若松市などの天文愛好家が作る「会津そらの会」が19日、会津大講堂(同市)で映画上映会「夢をカタチにするチカラ がんばれ!はやぶさ2」を開く。映画は、はやぶさ2の旅を精細なコンピューターグラフィックスで描いた「HAYABUSA2 RETURN TO THE UNIVERSE」(上坂浩光監督)。上坂監督の講演会も計画している。

 会津そらの会は、ミッションの成功を祈って全国のファンが作る折り鶴の画像を、探査機の名前にちなんで8(は)万8232(やぶさ2)羽分集めるプロジェクトに取り組む。上映は午後1時と午後3時40分の2回。講演会は、2回の上映の間の午後2時から。講演会には世界で初めて小惑星の物質を持ち帰った初代はやぶさの広報を担当した寺薗淳也・会津大准教授も参加する。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文545文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集