メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

先生と呼ばないで…史上初“芥川賞芸人”又吉直樹の思いとは!?

<プロフィル>又吉直樹(またよし・なおき) 1980年6月2日生まれ。大阪府出身。高校卒業後、芸人を目指して上京しNSC(吉本総合芸能学院)に入学。2003年、同期の綾部祐二と共にお笑いコンビ・ピースを結成。2010年、キングオブコントで準優勝、M−1グランプリで4位に輝く。芸人活動と平行し、エッセイや俳句など文筆活動も行う。2015年1月、文芸誌「文學界」において「火花」を発表し純文学デビュー、第153回芥川賞を受賞する。

[PR]

 今月16日、芸人史上初の芥川賞作家となったピースの又吉直樹がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット、7月19日午後11時25分〜11時55分)に登場する。今年1月に発表した文芸誌デビュー作「火花」は、掲載誌『文學界』の創刊以来初増刷、単行本は2015年上半期本ランキング・小説部門で売り上げ1位を獲得し、第153回芥川賞を受賞した。

 世間の注目度が高まるにつれ「先生」扱いされるようになった又吉は、今や出版業界では期待の大型新人である。だが、そんな周囲の評価とは裏腹に、又吉は芸人としての自分を変えようとはしない。「自分にとって、小説を書く事は芸人の仕事にめっちゃ近いんです。」漫才やコントを書いたのと同じで小説も好きだから書いた。

 世間の風潮を計算して立ち回れるほど器用ではない又吉。自分の中の面白さだけを追求してきたはずが、はからずも世間との距離を急激に縮め多くを求められるようになった。「ありがたいですね」。表情の乏しいまま又吉はつぶやく。

 番組では単行本「火花」が刊行された今年3月から選考会当日まで取材を行った。受賞の瞬間とそこへ向かう日々に何を思ったのか? 芸人としてのジレンマは? 又吉の胸中に迫る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです