メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

初舞台から10年、地元・東京で独演会 浪曲師・春野恵子さん

春野恵子さん

 今はテレビでめったに放送されないが、かつては国民的人気を誇った浪曲。春野恵子さんは、浪曲の素晴らしさを伝えることが自分の使命と、大阪で修業を重ねてきた。2006年の初舞台からまもなく10年。7月22日に地元・東京で初の独演会を開く。現代人にエンターテインメントとしての浪曲を届けることができるか。勝負の時を迎えた恵子さんに聞いた。

 テレビ番組「進ぬ!電波少年」で「東大卒のケイコ先生」として注目され、ドラマなどにも出演したが、自分…

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1591文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです