メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ひまわり8号がすごい!の巻

カラーで撮影 画像の種類は7号の3倍 火山灰や黄砂も区別

[PR]

カゲマルが、電次のお店の前にあるものは何かと聞いています。 「ひまわり8号」の模型のようです。 ひまわり8号とは何でしょうか。 これは、新しい静止気象衛星のことです。 2014年10月に打ち上げられ、 2015年7月7日、七夕の日に正式運用を始めました。 静止衛星とはどのようなものなのでしょうか。
地上から見て止まって見える人工衛星のことです。 地球は自転しており、自転と同じ速度で回っているため止まって見えるのです。 地上から約3万6000キロメートルの「静止軌道」では、 「引力」と「遠心力」が釣り合っていて落ちることはありません。 その「ひまわり」が新しくなって何が変わったのでしょうか。 気象衛星として初めてカラー画像の撮影ができるようになり、 解像度も2倍になりました。 しかし2倍になるとこれまでとどう違うのでしょう。
鮮明な画像になるので、雲の様子もより細かく分かるのです。 更に、ひまわり7号が30分だった撮影間隔は8号では10分です。 しかも日本付近など狭い範囲なら2分半ごとに撮影が可能です。 画像の種類も5種類だった7号に対して、8号は16種類もあります。 これまでは雲と区別がつきにくかった火山灰の移動や 黄砂なども監視できるようになりました。 日本は気象災害が多いので、鮮明な画像が防災に役立つようです。
それにしても、電次はどうして人工衛星に興味を持ったのでしょうか。 特に理由はないと言っていますが…。 そこで賢一が「ひまわり」の歴史を調べてみると、 1977年気象衛星の初号機が打ち上げられ、 太陽をイメージさせる花として「ひまわり」と名付けられたそうです。 ひまわり1号の2年前1975年に衛星を打ち上げるのですが、 その衛星は「宇宙に花開け」という願いから「きく」という花の名前が付けられました。 「きく」…電次の奥さんである菊さんと同じ名前ですね。 もしかして、電次はそれで人工衛星に興味を持ったのでしょうか!?

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです