メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住宅遺産

人知れず姿消す戦後の名作建築…リスト化や企画展で保存を

旧園田高弘邸=東京都内で、垂水友里香撮影

 近年、戦後日本を代表する建築家が設計した名作住宅の保存・継承に関心が高まっている。取り壊しに注目が集まる公共建築と異なり民間住宅は、相続による分割や所有者の高齢化で解体されるケースが多く、人知れず姿を消している。こうした名建築を後世に残そうと、民間団体「住宅遺産トラスト」(野沢正光代表)が保存すべき「住宅遺産」をリスト化している他、戦後住宅に特化した企画展も各地で開かれている。【垂水友里香】

 東京都世田谷区の閑静な住宅街に建つ木造平屋の「コアのあるH氏の住まい」(1953年)。日本・近代建…

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文1929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです