メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『御家人斬九郎』柴田錬三郎・著

血なまぐさい滑稽譚 美食大食いの老母登場

◆『御家人斬九郎』柴田錬三郎・著(集英社文庫/税抜き860円)

 山周(やましゆう)といえば山本周五郎。そして柴錬(しばれん)は、もちろん、柴田錬三郎。

 歴史時代小説の歴史において、読者が愛着および畏敬(いけい)の念をこめ愛称で呼んだ作家はきわめて少ない。池正や藤周はないし、山風も五味康もない。一番ありそうな司馬遼がないのは、柴錬の二番煎じに感じられてしまうからか。

 柴錬ワールドの無比の異彩さは、虚無の底で妖剣をふるう眠狂四郎の、長い長い彷徨(ほうこう)にきわまる…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文927文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです