メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

映画作家・河瀬直美…カンヌで愛された彼女の素顔とは!?

<プロフィル>河瀬直美(かわせ・なおみ) 奈良県生まれ。1989年大阪写真専門学校映画科卒業。自主映画「につつまれて」「かたつもり」が、1995年山形国際ドキュメンタリー映画祭はじめ国内外で注目を集める。1997年劇場映画デビュー作「萌の朱雀」で、カンヌ国際映画祭カメラド−ル(新人監督賞)を史上最年少受賞。2007年「殯の森」で、最高賞パルムドールに次ぐグランプリ(審査員特別大賞)を受賞。2009年には、カンヌ国際映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車賞」を受賞し、2013年には日本人監督として初めて審査員を務める。2015年フランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受章。映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続けている。

[PR]

 日本よりカンヌで愛されてきた映画作家、河瀬直美がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット、8月2日午後11時25分〜11時55分)に登場する。劇場デビュー作となった「萌の朱雀」で第50回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少の27歳で受賞した。その後「殯の森」で最高賞パルムドールに次ぐグランプリ(審査員特別大賞)を獲得。現在公開中の「あん」も「ある視点」部門のオープニング作品として招待された。 

 「あん」で多くの日本人をも感動させる監督へと変化し始めた河瀬。とことんまで妥協を許さない作品づくりへの姿勢から、役者やスタッフの間では毀誉褒貶相半ばする評価を受けている。だが、生まれ故郷で活動の拠点でもある奈良で番組が向き合った河瀬は、地に足のついた至極まっとうな女性だった……。

 自ら社長を務める制作会社は、社員5人を抱え、20年間つぶれることなくやってきた。奈良にいる時はでき得る限り小学5年生の息子のために時間を割き、田んぼと畑を買い、自然の中で地元の子どもたちと一緒に作物づくりに勤しんだりもしている。番組では、カンヌの華やかな舞台や映画職人的なイメージとは異なる、彼女の素顔に迫った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです