メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉音放送

深夜 軍服姿で録音

終戦の詔書=国立公文書館所蔵

 昭和天皇が「終戦の詔書」を読み上げた玉音放送の録音は、1945年8月14日深夜に行われた。軍服姿の昭和天皇は午後11時25分に皇居内の宮内省内廷庁舎2階政務室(現在の宮内庁庁舎)に出向いた。びょうぶを背にしてマイクの前に立ち、録音に臨んだ。記録によれば、石渡(いしわた)荘太郎(そうたろう)宮内相や藤田尚徳(ひさのり)侍従長らがそばにいた。

 録音作業は同11時50分ごろ終了。音声は複数のレコード盤に録音され、侍従職事務官室の金庫に収められ…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです