玉音放送

深夜 軍服姿で録音

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
終戦の詔書=国立公文書館所蔵
終戦の詔書=国立公文書館所蔵

 昭和天皇が「終戦の詔書」を読み上げた玉音放送の録音は、1945年8月14日深夜に行われた。軍服姿の昭和天皇は午後11時25分に皇居内の宮内省内廷庁舎2階政務室(現在の宮内庁庁舎)に出向いた。びょうぶを背にしてマイクの前に立ち、録音に臨んだ。記録によれば、石渡(いしわた)荘太郎(そうたろう)宮内相や藤田尚徳(ひさのり)侍従長らがそばにいた。

 録音作業は同11時50分ごろ終了。音声は複数のレコード盤に録音され、侍従職事務官室の金庫に収められた。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文883文字)

あわせて読みたい

注目の特集