メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

バナナのすべて

ミネラルが豊富で低カロリー 果物の王様を食べ夏を元気に

[PR]

栄養たっぷりバナナを食べて暑い夏を元気に
ののか「ギョロちゃん、何か良いダイエット法ないですかぁ?」 ギョロ「痩せたいギョロ? ののかはそのままでいいギョロが、バナナを食べると良いギョロ」 ののか「一時期、朝バナナダイエットがはやりましたぁ」 ギョロ「バナナはビタミン、ミネラルが豊富で抗酸化力も大きく、低カロリーギョ。とても健康的でダイエットにも良いギョロ」 ののか「バナナにはいろいろな栄養が含まれているのですねぇ!」 ギョロ「まさに果物のエリートギョロ!」
8月7日はバナナの日です。バナナにはカリウムが多く含まれ、実は夏バテ対策に最適なのです。 8月は猛暑が続くことが多く体力を消耗するため、バナナを食べて元気に過ごそうと 「日本バナナ輸入組合」が制定しました。 ギョロ「バナナは、昭和の初め頃までは高級品だったギョロ」
バナナの産地と言えばフィリピンというイメージが強いですが、 実は生産量世界一はインドで、続いて中国です。 中国のあとにようやくフィリピンが入り、エクアドル、ブラジル、インドネシアと続いています。 ギョロ「日本で食べられているバナナの約8割がフィリピン産ギョロ」
ののか「バナナはおやつに入りますかぁ?」
バナナには生食用と調理用があり、世界には300種類以上のバナナがあると言われています。 世界には珍しいバナナもあります。 モラードは皮が赤紫~赤茶色で、やや酸味があります。 ツンドクは長さ40センチメートル以上のものもあり、 別名ホーンバナナとも呼ばれています。 カルダバは太く短く角張っており、加熱するとサツマイモ風の食感です。 リンキッドは1本1本がくっついていて房が扇形です。 ギョロ「チンも調理したバナナを食べたいギョロ」
主に熱帯、亜熱帯地域で生産されるバナナは寒さに弱く、常温で 追熟させて食べるのが一般的です。工夫をすれば傷みにくくなります。 バナナを保存する時は、直射日光の当たらない風通しのよい場所で保存しましょう。 また、皮をむいて1本ずつラップで包み、冷凍保存するとバナナアイスとして食べられます。 置く時は、逆U字形に置くとよいでしょう。 反対に置くと重みで下の部分がつぶれてしまうためです。 ののか「皮に黒い斑点(シュガースポット)が出てくると食べごろで、甘味が強くなりますぅ」
栄養たっぷりバナナを食べて暑い夏を元気に バナナは栄養価が高い果物で、生産量世界一はインドギョ。 寒さに弱いため、常温で保存し、シュガースポットが出てきた時が食べごろギョロ。 ギョロ「チョコバナナやバナナチップスもおいしいギョロ」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです