メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

失われた20年インタビュー

大田弘子・元経済財政担当相「政治がメッセージ作れず、遠のいた構造改革」

大田弘子・政策研究大学院大教授=東京都港区で2015年7月9日、内藤絵美撮影

 民間から内閣府に入り、小泉政権で「構造改革のエンジン」といわれた経済財政諮問会議の運営に携わった大田弘子・政策研究大学院大学教授。第1次安倍内閣、福田内閣では経済財政担当相として入閣した。「格差が拡大したのは構造改革のせいではありません」と話す大田氏に聞いた。【聞き手・尾村洋介/デジタル報道センター】

−−格差が小泉政権で広がったとの指摘がありますね。

この記事は有料記事です。

残り4969文字(全文5146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです