連載

東アジアの気になるあれこれ

毎日新聞デジタルの「東アジアの気になるあれこれ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

東アジアの気になるあれこれ

(3)韓国で過熱するロッテ後継者争いの場外戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金浦(キンポ)空港に到着し、韓国メディアの質問に答える昭夫氏=3日、米村耕一撮影
金浦(キンポ)空港に到着し、韓国メディアの質問に答える昭夫氏=3日、米村耕一撮影

 「経済紙を一般紙と同じ枠で扱うのは、おかしいです。枠を増やしてください」。8月3日、金浦空港でロッテホールディングス(HD)の重光昭夫(韓国名・辛東彬、シン、ドン、ビン)副会長の到着を待ちながら、大変な剣幕でロッテグループの広報担当者に詰め寄ったのは、韓国の主要経済紙の記者たちだ。

 日韓両国を中心に製菓や流通など幅広いビジネスを展開するロッテグループの創業者、重光武雄(同・辛格浩、シン、ギョク、ホ)氏(92)の長男、宏之(同・辛東主、シン、ドン、ジュ)氏(61)と次男の昭夫氏による後継者争いは、問題が公になった7月末から1週間連続で朝鮮日報や中央日報など韓国の主要紙の1面を飾り、各テレビ局も連日トップニュースかそれに近い扱いで伝えた。

 後継者争いの一方の中心人物、昭夫氏の日本からの帰国は、100人を軽く超える記者、カメラマンが空港で待ち構えた。経済紙の記者たちが怒ったのは、現場での混乱を防ぐため昭夫氏にマイクや録音機を突きつけて質問できる記者の数をロッテ側と現場の記者団との間で調整し、9人に絞ったからだ。テレビ、新聞、通信社などの代表に割り振った際、経済紙は漏れたらしい。ロッテ側の担当者は「一度、決めた事は守ってほしい」と渋い…

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文2048文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集