メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「ハム」と「ベーコン」の違い

似て非なるもの トロトロの目玉焼きが似合うのはどっち?

[PR]

矢尾「そんなになぁ……」
矢尾「そんなに変わらないと思うんだがなぁ……」 ケビン「ドウシタノ?」 矢尾「先日、牛島が『ハムエッグとベーコンエッグは全然違うんだよっ! ハムエッグにはトロトロの目玉焼きが、ベーコンエッグには固めに焼いた目玉焼きが合うんだよっ』て言っててな……。まったく同意できなくてなぁ」 ケビン「僕も矢尾サンと一緒デスネ。ミート牛島のこだわりがよくワカラナイ……」
矢尾「大体、『ハム』と『ベーコン』なんて同じものじゃないかっ」 ケビン「確かに似てイマスカラネ。でも、名前が違うくらいですから、違いはあるんデスヨ」 矢尾「そうなのかっ?」 ケビン「イエス! 今回は『ハム』と『ベーコン』を説明シマスネ」
8月6日は「ハムの日」。 「8(ハ)・6(ム)」の語呂合わせから定められたそうです。 矢尾「ちなみに8月31日は『野菜の日』だぞっ。こっちも語呂合わせだなっ」 今回、取り上げるのは「ハム」と「ベーコン」。 どちらも食肉を加工したものですが、これらの違いはその製造方法にあるようです。 「ハム」は塩漬けした豚肉を糸で巻いたり、ケーシング(包み)に詰めたりしてくん製、加熱したもののこと。 「ボンレスハム」「ロースハム」や加熱をしない「生ハム」などがあります。 ちなみに日本で「ハム」が作られるようになったのは明治に入ってからのことなのだとか。
ケビン「豚肉以外では『魚肉ハム』なども販売されてイマスネ。『ハム』とは本来、『豚のもも肉』を表す言葉なんデスガ……」 一方の「ベーコン」は豚肉を塩漬けにしてくん製したもの。 「ハム」と違って、糸で巻いたりケーシングに詰めたり加熱したりしません。 「ベーコン」とは豚のバラ肉を使ったもののこと。 豚肩肉の場合は「ショルダーベーコン」、ロース肉の場合は「ロースベーコン」と呼びます。 変わり種としては鯨の肉を使った「鯨ベーコン」もあります。
矢尾「ハムサンドでも作るかっ」
矢尾「なんだか『ハム』を食べたくなってきた! ウチの店の新鮮なレタスと『ハム』を使ってサンドイッチでも作るかっ!」 ケビン「イイデスネ! 僕にもごちそうしてクダサーイ!」 矢尾「もちろんっ!」 ケビン「楽しみデース!それでは今回のまとめに移りましょう!」
「ハム」は塩漬け豚肉を詰めてくん製、さらに加熱したもののこと。 「ベーコン」は塩漬け豚肉をくん製したもののこと。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです