特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・スーパーシート

カーブスジャパン会長兼CEO 増本岳(51)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ますもと・たけし 神奈川県出身。明治大政治経済学部卒。経営コンサルティング会社を経て05年2月にカーブスジャパン設立。趣味は読書とゴルフ。コンサルタント時代に「想いは常に手法の上流にあり」という言葉を教えられたという。「経営理論や手法を知っていても志が高くなければ、大きな夢を実現できないという意味で、社員などに自戒の念を込めて話している」と話す
ますもと・たけし 神奈川県出身。明治大政治経済学部卒。経営コンサルティング会社を経て05年2月にカーブスジャパン設立。趣味は読書とゴルフ。コンサルタント時代に「想いは常に手法の上流にあり」という言葉を教えられたという。「経営理論や手法を知っていても志が高くなければ、大きな夢を実現できないという意味で、社員などに自戒の念を込めて話している」と話す

世のためになる仕事がしたかった

 コンサルタント時代の2004年ごろ、米国で急成長していたフィットネスクラブ「カーブス」を、初めは純粋にビジネスとして調べた。調べるうちに高齢化社会の日本で非常に可能性があると思い、テキサス州ウェイコに創業者のゲーリー・ヘブンさんに会いに行ったが、初めは相手にされなかった。

 米国へ行くたびに店を回りメンバーの話を聞いた。つえなしでは歩けなかったのにつえが必要でなくなったとか、生活習慣病で何年間も薬を飲んでいたのが、薬の必要がなくなったとか、たくさんの話を聞いた。どうせやるなら人のため、世のためになる仕事をしたいと強く思うようになり、04年12月に創業者にその感想をぶつけた。日本にこういう場所がなく、病気にならなくていい人が病気になっている。そういう人を助けたいと話し…

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1384文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集