メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・課長補佐時代

農林水産省消費・安全局長 小風茂(58)

こかぜ・しげる 1956年埼玉県生まれ。浦和高校、東大法卒。81年農林水産省入省。中山間地域振興室長、食品産業企画課長、内閣官房郵政民営化準備室参事官、官房審議官、大分県副知事などを経て15年1月から現職

思い出深い漁業交渉

 課長補佐時代は、大臣官房企画室や水産庁国際課など4ポストを経験しました。思い出深いのは主にソ連との漁業交渉と国内対策を担当した水産庁国際課です。サケマス交渉や200カイリ水域内の漁獲について毎年、交渉しました。

 漁業交渉では、前年の漁獲実績、資源量調査結果などを突き合わせ、魚種、漁獲量、水域について交渉します。先輩が残した交渉録を読み返し翌日の発言を考えるのですが「ニエット」(できない)の返事ばかりです。上司の硬軟取り混ぜた交渉術の成果もあって、実質合意にたどり着きました。

 合意文書の作成は私の仕事です。外務省と大使館のロシア語の専門家と一緒に作業を進めます。修正作業の後…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文782文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです