特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・世界はいま

「アラブの春」から5年=秋山信一(毎日新聞カイロ支局)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
レバノン南部で、路上の設置されたイラン革命の立役者、故ホメイニ師(右)と現在の最高指導者ハメネイ師の肖像。アラブ世界でのイランの影響力を物語る=2013年2月、秋山信一
レバノン南部で、路上の設置されたイラン革命の立役者、故ホメイニ師(右)と現在の最高指導者ハメネイ師の肖像。アラブ世界でのイランの影響力を物語る=2013年2月、秋山信一

複雑に絡む「戦国時代」の様相

 中東4カ国の独裁政権を崩壊させた民主化要求運動「アラブの春」の胎動から間もなく5年を迎える。アラブ諸国は国内の政治・軍事対立に加えて、過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭、サウジアラビアとイランの覇権争い、米国とロシアの対立などの要素が絡み、二重の意味で「戦国時代」の様相を呈している。一つは各国内の「戦国」、もう一つは中東地域全体の「戦国」である。

 「戦国アラブ」を象徴するのがシリア内戦だ。2011年春、父子2代40年以上も独裁を敷くアサド政権に対して、「アラブの春」に触発された民衆が変革を求めたのが引き金となった。しかし今や、「アサド政権」対「反体制派」という単純な構図では説明がつかなくなった。

この記事は有料記事です。

残り2002文字(全文2320文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集