メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うさん臭い政治力学の間で「安保法制隠し」に使われた

 1964年10月10日。20歳の誕生日だった。台風の接近で、前の日まで雨が激しく降っていたが抜けるような青空。誰もが、晴れ晴れとした気分で東京オリンピックを迎えた。

 国立競技場には昭和天皇・香淳皇后、皇太子夫妻(現天皇・皇后)10日前に結婚したばかりの常陸宮夫妻が臨席。当時の池田勇人首相も、この時、喉頭がんで入院していたが、病苦をおして列席した。(14日後、閉会式を病室のテレビで見た池田さんは翌日、首相辞任を発表した)。参加94カ国、7060人の選手団が堂々たる入場行進。色とりどりの民族衣装も混じり「世界の平和」を約束していた。

 当時、青少年団体「郵便友の会」のOB会員だった僕は国鉄新宿駅前の「オリンピック記念切手の発売」に駆…

この記事は有料記事です。

残り2290文字(全文2633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです