メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

気になる次回作は? 桂文枝とピース又吉、真夏の文学談義

桂文枝さん(左)と又吉直樹さん

 芥川賞を受賞した小説「火花」が200万部突破と、一躍時の人となった漫才コンビ「ピース」の又吉直樹さん。所属事務所の大先輩、桂文枝さんが9日、東京・神保町花月で開いた落語会に又吉さんを特別ゲストに招き、他では聞けない「火花」の裏話や文学談議で盛り上がった。

 文枝さんは、若手落語家を育て落語の面白さを知ってもらおうと、100席規模の小劇場、神保町花月で毎月、「戀(こい)する落語会」をプロデュースし、自身も出演している。今回は、文枝さんの希望もあって、急きょ又吉さんが出演。2人は普段のウケを狙うトークとは異なり、文学を愛する「同志」として対談した。

 芥川賞受賞を「(所属事務所の)吉本(興業)100年の歴史でこんなことは初めて。すばらしい」とたたえた文枝さんが又吉さんにまず質問したのは、「髪の毛は毎日洗ってるんですか?」。

この記事は有料記事です。

残り2692文字(全文3055文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. ORICON NEWS ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」

  3. 新型コロナ 安中の感染女性、ヨコオ工場勤務 /群馬

  4. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです