メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 照幸・評『商店街はいま必要なのか 「日本型流通」の近現代史』満薗勇・著

時代によって変わる買い物のすがた

◆『商店街はいま必要なのか 「日本型流通」の近現代史』満薗勇・著(講談社現代新書/税抜き840円)

 地方創生とは、シャッター街で形容される地方の疲弊の改善といってもいい。ただ、地域性もあり、シャッター街に至った経緯は一律ではない。人口減で客足が途絶えた商店街もあれば、大型駐車場を備えた郊外型ショッピングセンターの影響を受けた商店街もある。1980年生まれの北海道大学准教授の著者は、地域性も一律ではないことを鑑みてだろう、タイトルである商店街の存在の必要性にイエスかノーか、の明確な結論を出すことは控えた。

 ただ、よほどの山間部や離島でない限り存在するコンビニエンスストアとは、長く地元の商店街で愛されてき…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです