SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『絶対の宣伝 ナチス・プロパガンダ1』草森紳一・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

“言い得て妙”は悪魔と紳士で大きく違う

◆『絶対の宣伝 ナチス・プロパガンダ1 宣伝的人間の研究/ゲッベルス』草森紳一・著(文遊社/税抜き2700円)

 カギ十字(卍)はナチスのマーク、SAはその突撃隊、SSは泣く子も黙る親衛隊。七十年も前に歴史の舞台から退場した党派集団なのに、今もなお、どこかに機能しているかのようだ。

 ナチスは視聴覚メディアを大がかりに取り入れた史上最初の政党だった。とりわけ略語を好み、ロゴにして図案化した。TVはテレビではない。SSのなかのより抜きの「髑髏(どくろ)部隊」のこと。まっ黒な制服に髑髏のバッチときて、すぐにも劇画に登場できる。Pgはページではなく、党仲間、同志の略語。合計すると30ばかりが、さまざまなマークつきでとびかっていた。

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1342文字)

あわせて読みたい

注目の特集