戦後70年

益川敏英さん「憲法9条を守ろう、どんな小さな声でも集まれば大きな声になる」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える京都産業大学益川塾塾頭の益川敏英さん=京都市北区で2015年8月3日、宮武祐希撮影
インタビューに答える京都産業大学益川塾塾頭の益川敏英さん=京都市北区で2015年8月3日、宮武祐希撮影

国家は巧みに国民すべてを取り込み、精神動員をする

 戦争に対し、一人一人の市民はどのように向き合うべきなのか。国家権力の巨大な意志に対し、どのように相対していけばいいのか。ノーベル物理学賞を受賞し、記念講演では反戦演説を行った理論物理学者、益川敏英さん(75)に聞いた。【聞き手・高橋昌紀/デジタル報道センター】

 「不謹慎だ。アカデミックな場にふさわしくない」。箱根峠の向こうから、ある学者が批判しているとのうわさが聞こえてきたんです。ストックホルムでのノーベル賞の授賞式(2008年12月)に出発する前です。世界中の人々が集まる記念講演で、太平洋戦争での実体験を話すつもりでした。それを「晴れの舞台で、話すようなことではない」と苦言を呈しているらしい。何を言ってやがるのだと憤激しました。

この記事は有料記事です。

残り2268文字(全文2612文字)

あわせて読みたい

注目の特集