メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

東名阪で独演会 若手女性落語家、春風亭ぴっかり☆の挑戦

春風亭ぴっかり☆さんの高座着は男物。師匠・春風亭小朝さん同様、高座着にも注目を=油井雅和撮影

 「落語といえば、演じる人もお客さんもおじいさん」というのはずいぶん前のこと。今やお客さんに、そして落語家にも女性がいるのは当たり前になった。だが、そう思われてしまうのは、女性の落語家がまだまだ少ないから。若手の女性落語家、春風亭ぴっかり☆さんはこの夏、落語界でも異例の3大都市(東京、大阪、名古屋)での独演会を開く。彼女の挑戦が、「若手だから」「女性だから」そして「東京落語だから」といった「見えない壁」を越えられるかどうか。

 昨年、深夜に放送されたフジテレビ系「噺家が闇夜にコソコソ」で、二ツ目のぴっかり☆さんは、真打ちの男性落語家に交じってレギュラーに抜てきされた。ものおじしない性格かと思いきや、「そう見えるようなんですが、ものすごく緊張するタイプ」。だが、「いかついお兄さんたちの中で紅一点」で、ぴっかり☆さんは自分の魅力を発揮した。「光栄なお仕事だったんですが、私の中ではハードルが高くて、真打ちの師匠の中で、なおか…

この記事は有料記事です。

残り1643文字(全文2057文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです