メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

即席ラーメン記念日の巻

8月25日が記念日 天ぷらでひらめいた「瞬間油熱乾燥法」

[PR]

火達磨くんが幼い弟妹たちのために晩ご飯を用意しています。おなかがすきましたが、今夜はカップ麺のようです。幼い轟くん、走(らん)ちゃんに、兄の火達磨くんは謝っていますが、走ちゃんは「チキンラーメン」が好きだそうです。 「卵がふわっとしてて……」 それを聞いて火達磨くんは、8月25日が「即席ラーメン記念日」だと思い出したようです。日清食品が1958年8月25日、チキンラーメンを発売したことに由来します。 きょうだいたちは、即席麺誕生の歴史に興味を持ったようですね。火達磨兄ちゃんが解説します。
チキンラーメンは、日清食品の創業者である安藤百福(ももふく)さんが戦後に開発しました。 「手軽に食べられるラーメンで人々を幸せにしよう」 そんな思いだったそうです。当時、冷蔵庫はまだ普及していませんでしたから、常温で長期間、保存できるものが求められていたのですね。 開発には1年以上も費やしたそうですが、安藤さんはある時、奥さんが天ぷらを揚げているのを見てひらめきます。こうして生まれたのが「瞬間油熱乾燥法」です。 これは、麺を油で揚げることで瞬間的に乾燥させ、熱湯をかければまたすぐに食べられるようにしたものです。1962年には特許登録もされました。
また、同じ年の1962年には明星食品から「明星ラーメン」が発売されました。こちらの特徴は、スープを初めて粉末にしたことです。 現在では当たり前のカップ麺の元祖も、実は安藤さんの発明です。米国人がどんぶりではなく、紙コップに(チキンラーメンを)入れて食べているのを見て、またまたひらめいたのだそうです。これが「カップヌードル」ですね。カップ麺は軽くて運搬にも便利なため、災害現場などでも重宝されます。 日本即席食品工業協会によりますと、日本のカップ麺は現在、49カ国・地域に輸出されているそうです。今や世界中で食べられているカップ麺。「世界ラーメン協会」によりますと、即席麺の消費量は2012年から3年連続でなんと1000億食を超えています。
2013年には野口聡一宇宙飛行士が、世界初の宇宙ラーメン「スペース・ラム」を宇宙で食べたことが話題になり、ラーメンやうどん、焼きそばにとどまらず、今やカップ麺は夏の定番であるそうめんまで広がっています。 ただし……。即席麺ばかり食べていては栄養が十分とは言えません。食べ過ぎには注意が必要ですね。他の肉や野菜と組み合わせて、十分なビタミンやミネラルを取ることも心掛けたいものです。 火達磨兄ちゃんは「もっと稼いで豪華な食事をいつか食べさせてやるぜッ」と意気込んでいますが、即席麺の解説に熱中するあまり、3分は過ぎて麺がのびてしまいそうです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 劇場版『鬼滅の刃』入場者に塗り絵配布、先行DL開始 作者「まだまだおうちで過ごす時間も多いので」

  2. 菅首相、日中韓会談に難色 元徴用工問題で措置講じない限り出席せず 韓国に伝える

  3. 杉田和博官房副長官が拒否の判断に関与 政府関係者明らかに 首相に経緯報告

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 法政大出身の菅氏へ「民主主義国家が誇り持てる首相に」 田中優子・法政大総長

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです