SUNDAY LIBRARY

梯 久美子・評『満映とわたし』岸富美子・石井妙子/著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

皆が口を閉ざした歴史を、ここに書き残す

◆『満映とわたし』岸富美子・石井妙子/著(文藝春秋/税抜き1600円)

 昭和史、特に戦争について調べていると、もっとも損をしたのは、大正生まれの人たちだったと思えてくる。終戦のとき20歳から35歳だったかれらは、青春期から青年期を、戦争のまっただ中で過ごさなければならなかった。

 男性は徴兵され、兵士あるいは将校として多くが死んでいった。独身のまま、あるいは若い妻や幼い子を残して。女性もまた、恋愛、結婚、子育てと、女として一番充実するはずの時代を戦争に奪われた。思わぬ運命の変転をたどらざるを得なかった人も多い。

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1354文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集