メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

サンプルリターンミッションが探査の主軸に、太陽系解明へ大きな意義

小惑星の探査に挑むはやぶさ2とオシリス・レックスのミッションマークをそれぞれ持つ橘省吾・北海道大准教授(右)とハロルド・コノリー米ニューヨーク市立大教授=札幌市の北海道大で永山悦子撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地の小惑星1999JU3で採取を目指す物質から、どんなことが分かるのだろうか。橘省吾・北海道大准教授(42)=宇宙化学=は、はやぶさ2では物質採取装置(サンプラーホーン)の開発や回収粒子の分析などに携わる。米国の小惑星探査機「オシリス・レックス」チームとの共同研究も進める橘准教授に、小惑星の物質分析の醍醐味(だいごみ)を聞いた。【聞き手・永山悦子】

 −−小惑星イトカワの試料分析では、どんなことが分かったのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り5441文字(全文5668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです