メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

ライバル「オシリス・レックス」来秋打ち上げ 小惑星の物質分析で協力目指し

オシリス・レックスとはやぶさ2の比較

 米国の小惑星探査機「オシリス・レックス」が来年9月に打ち上げられる。日本の「はやぶさ2」と同様、水や有機物を多く含むとされる小惑星の物質を地球へ持ち帰る任務に挑む。競い合い、協力しながら太陽系の歴史の解明を目指すライバルを追った。【永山悦子】

 「岩石は太陽系を知る書物。読み解くことで太陽系の起源や歴史を知ることができる。そのために小惑星の岩石を取りに行く」と、オシリス・レックスの小惑星での試料採取や帰還後の分析を率いるハロルド・コノリー米ニューヨーク市立大教授は言った。

 小惑星は、46億年前の太陽系誕生時の姿を残しているとされる。オシリス・レックスが目指す小惑星ベンヌは、はやぶさ2の目的地1999JU3と同じタイプ。探査機は2018年8月にベンヌに到着、23年に地球へ帰還する計画だ。小惑星では、長い柄の先端についた装置を押しつけて窒素ガスを噴き出し、舞い上がった物質を採取する。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです