メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

日本にいた恐竜たち

18道県で化石発見 中生代白亜紀前期、北陸は一大パラダイス

[PR]

日本にも大昔 恐竜がいたって本当?
モンゴメリー「『ジュラシック・パーク』に行ってみたいけど怖いワァ」 ギョロ「どんな公園ギョロ?」 モンゴメリー「本物の恐竜を飼育して観光客がスリルと興奮を楽しめるテーマパークヨ。映画の話だけどネ」 ギョロ「日本にも大昔、大型のティラノサウルス科の恐竜がいたらしいギョロ」 モンゴメリー「本当? すごいワ。他にもいろいろな種類がいたのカシラ」 ギョロ「チンと一緒に恐竜時代にタイムトリップするギョロ~」
長崎市の長崎半島西海岸に分布する白亜紀後期の地層「三ツ瀬層」(約8100万年前)から2015年7月、ティラノサウルス科の獣脚類(肉食恐竜)の大型種のものとみられる歯の化石2点が見つかった。歯の大きさから体長は10メートル前後と推測される。ティラノサウルス科の大型種の化石は、国内では初めてという。
日本で恐竜の化石がよく見つかるのは、1億2000万年前の中生代白亜紀前期。当時は大陸と陸続きだった。 多くの化石が発掘される北陸地方は広い盆地で暖かく湿気が多く、イチョウやシダ、ソテツの森が広がっていたと考えられている。
福井県など北陸地方に分布する「手取層群」は中生代の地層で、多くの化石が発掘されている。「福井の巨人」を意味する「フクイティタン」は、日本で最初に学名が付いた竜脚類だ。日本の恐竜には、丹波竜、フクイティタン、フクイサウルス、フクイラプトルなどがいる。 ギョロ「福井県立恐竜博物館には42体の恐竜全身骨格があるギョ」
ギョロ「日本は恐竜パラダイスだったギョロ」
恐竜の化石は南極大陸を含む世界各地で見つかっている。日本では北海道から鹿児島まで18道県で発見されている。 ギョロ「発掘作業はツルハシなどを使った手作業で大変ギョロ」
さて、今回のまとめです。 日本にも大昔恐竜がいたって本当? ギョロ「全国18道県で化石が見つかっているギョロ。特に多いのは福井県で、『フクイサウルス』『フクイラプトル』などの名前が付いているギョロロ」 ギョロ「世界中にいたけど、6500万年前に絶滅したギョロ」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです