メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

カセットコンロに注意

取り扱いを誤れば事故に 2台以上並べて使うのはNG

[PR]

実は危ない! カセットコンロの爆発に注意
バーベキューが楽しい季節です。 虎鉄「夏と言えば、バーベキューですなぁ」 ギョロ「おいしそうギョ。カセットコンロで焼いているギョロ?」 虎鉄「そうですぞ。カセットコンロは持ち運びも簡単で、大変便利ですな」 ギョロ「7~9月の時期はアウトドアでの事故が最も多い時期ギョ。ソチも気を付けるギョロ」 虎鉄「何だって?  詳しく教えてくれ!」 ギョロ「仕方ないギョ。教えてやるから、チンにも肉を食わせろギョロ!」
製品評価技術基盤機構(NITE)によりますと、2009年度から13年度までの5年間に起きたアウトドアレジャー用品による事故は34件。最も多かったのはガス機器による事故で、26件発生しています。 ギョロ「重傷者も出ているギョロ」
楽しいレジャーが一転… ガス機器による事故の主な原因として、カセットコンロの部品の不具合や、誤った使い方でカセットボンベが加熱されることによるガス漏れが挙げられます。 ギョロ「漏れ出したガスに引火すると爆発する恐れがあるギョロ」 虎鉄「正しい使い方をしないと危険なんですな」
虎鉄「楽しい時間を台無しにしたくありませんな」
主な注意点は次の通りです。 カセットコンロを使用する際は部品に不具合などがないかを確認しよう。また、誤った使い方をしないために説明書をよく読んでおこう。 また、大きな調理器具を使わない、2台以上並べない、木炭などの火おこしに使わない、40度以上になる車内にカセットボンベを放置しない……などです。
着火剤による事故も起きています。炭に火を付ける際に役立つ着火剤ですが、便利な一方、ゲル状の着火剤による事故も報告されているのです。 注意点は次の通り。 一度火をつけたら着火剤を継ぎ足さない。着火剤を使用したら速やかに点火する。 ギョロ「着火剤は引火しやすいうえに、炎が見えにくいギョ。気を付けるギョロ」
今回のまとめです。 実は危ない! カセットコンロの爆発に注意 ギョロ「便利な半面、取り扱いを誤ると事故につながる危険なものでもあるギョロ。大きな調理器具の使用や、2台以上並べての使用は絶対にやめるギョロロ」 ギョロ「BBQをする時にはチンも誘えギョロ!」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです