メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Listening

<論点>安倍談話と戦後70年

北岡伸一・国際大学学長

[PR]

 敗戦から70年の夏に発表された安倍晋三首相の「談話」。「侵略」「おわび」といったキーワードがちりばめられた一方で、次世代に「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」と、節目感をにじませた。「戦後70年」のけじめになったのか。

「侵略」明記の懇談会に沿う 北岡伸一・21世紀構想懇談会座長代理

 安倍晋三首相の戦後70年談話はなかなか良かったと思う。21世紀構想懇談会の議論では、2人の委員から「侵略」という言葉を使用することに異議がある旨の表明があった。しかし、満州事変以後が侵略であることに残る14人の委員は賛成した。談話が少数の方に流れては困ると思ったが、私たちの報告書の線でまとめてくれた。

 東南アジア、太平洋の島々などと具体的な犠牲者のことにも言及した。「深い反省」を述べられた天皇陛下のお言葉と対照的という報道もあるが、安倍談話は両陛下のサイパンやパラオご訪問と基本的に似たメッセージだろう。

 私は村山富市首相談話に反対ではない。だが、それほどいいとも考えていない。「遠くない過去の一時期」ではいつのことなのか分からない。なぜそういうことになったかについても述べられていない。閣内のコンセンサスも不十分だった。いずれも安倍談話の方が優れている。

 謝罪を言うなら、村山さんは、首相になるや否や従来の非武装中立論を放棄したことについて、また、阪神大震災の初動の遅れで被害が広がったことについて、有権者や国民に謝罪したのだろうか。

 安倍談話の欠点として、主語が一人称でないことが指摘される。しかし、談話の中には「日本は」と書いている。日本が加害者側であるのは文脈からも明らかだ。首相がこだわった閣議決定は日本の決定であって、首相個人の意思ではないということではないか。

 「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という文言も賛否を呼んでいる。首相はここで謝るから、その後も謝罪する必要はないという意図だろう。ドイツのワイツゼッカー元大統領は、責任は元来ドイツ人全体でなく、罪を犯した個人が負うという考えを語った。後の世代には過去を記憶する別の責任があるのである。

 外交上の謝罪とは重いもので、道徳的劣位を認めることになる。

 中国への公式謝罪は「四つの基本文書」(1972年の日中共同声明、78年の日中平和友好条約、98年の日中共同宣言、2008年の戦略的互恵関係の包括的推進に関する日中共同声明)で終わっている。韓国とも、65年の日韓基本条約と98年の日韓共同宣言で済んでいる。本当に被害を受けた人々には謝罪するとしても、公式謝罪後は、対等の立場で未来をつくることに努めるべきだろう。謝罪し続けることには私も反対だ。

 強いて言えば、歴代内閣の立場を首相自身の言葉で引き継いでほしかったし、朝鮮統治について、もう少し踏み込んでもよかった。今後、「慰安婦」問題の解決に日韓双方が努力することは重要だ。

 安倍首相のイメージと談話に差がある理由の一つに、在野時代とは立場が違うということが挙げられると思う。米大統領選の共和党候補が次第に右から中道に寄ってくるのと同じだ。信念が変わったのではなく、勉強して理解を深めたという印象も持った。懇談会では、20世紀の世界と日本の歩みを論じた第2回が最も大切だった。間違った戦争をしたという報告書の大枠を明確にしたと言える。【聞き手・岸俊光】

「植民地支配の責任」避ける アンドルー・ゴードン、米ハーバード大教授

アンドルー・コードン米ハーバード大教授

 談話で首相が頭を悩ませたであろうことは、相反する二つの観点を盛り込もうとしたことだ。一つは彼がかたくなにこだわり、政治基盤の保守系団体「日本会議」が支持してきた観点。もう一つは海外の国々が今回も盛り込むよう期待していた率直な謝罪の姿勢。両方を盛り込んだ結果、村山談話や小泉談話の3倍の長さになった。

 戦後日本の歩みや今後の国際貢献を強調するよりも、過去への言及に多くを割いた。「侵略」「植民地支配」「痛切な反省」「おわび」という四つのキーワードにも言及した。だが、間接的に触れるにとどめ、自分の言葉として語らなかった。複雑なまとめ方は「歴史問題」が首相にとって難しいテーマであることを物語っている。

 談話は日本が「中国、東南アジア、太平洋の島々など」の罪のない人々に「計り知れない損害と苦痛」を与えたことを認めた。「もう二度と用いてはならない」と誓うことで「侵略」や「植民地支配」に日本が関わったことを認めた。歴代首相が表明した「痛切な反省と心からのおわびの気持ち」も明確に支持した。「repentance(悔悟)」という言葉は、キリスト教で罪を認め、神の許しを請うという意味がある。そうした表現は世界の人々に歓迎されるだろう。

 辛うじてキーワードは盛り込まれた。だが、言及さえされなかったことがあるのには歴史家として失望した。日本の「戦争責任」については、「日本は世界の大勢を見失っていった」という奇妙な言い逃れではあるがそれなりに説明した。だが、「植民地支配の責任」への言及は避けた。この問題は欧米も同様に不十分だが。

 談話は日露戦争の勝利が植民地支配に苦しめられてきた人々を「勇気づけた」と評価した。確かにそうだろう。だが、日露戦争が朝鮮半島における日本の占領と植民地支配の始まりだったという事実を無視したことには、あぜんとした。軍人や労働者として動員された朝鮮半島の人々の苦痛に触れなかった。いわゆる慰安婦の女性が傷つけられたことに遠回しに触れたが、日本軍がこの強制的な制度を生み出したことには一切言及しなかった。そして、欧米や中国が寛容だと称賛することで、韓国が日本のこれまでの和解に向けた努力を受け入れないことを暗に、いや紛れもなく非難した。近衛文麿はパリ講和会議(1919年)を前に雑誌で、英米の帝国主義に立ち向かうよう日本人に呼び掛けた際、自分たちの植民地における日本の帝国主義には触れなかった。悲しいが安倍談話は同じに聞こえる。

 謝罪を続ける宿命を次世代に背負わせないと誓いながら、「謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す」と明言した。これは正当であろう。将来の謝罪という重荷を取り除くのに、歴史に対する謙虚な自己認識は不可欠だからだ。だが、アジアの人々に強いた苦痛に間接的に触れただけでは、日本のリーダーたちがそうした認識を次世代に引き継ごうとしていると期待することはできない。この誓いを意味あるものにするには、日本の教育者や学者、一般市民が知恵を絞り、勇気を出す必要がある。【訳・隅俊之】

偏った歴史観 片りんのぞく 保阪正康・作家

保阪正康さん・作家

 「評価できる」という論評を耳にする。本気でそう思っているとしたら、日本人のメンタリティーが疑われる。「侵略」「反省」など四つのキーワードが入っている。けれども主語、文脈が不明確ななかで、盛り込まれただけだ。何より問題に思うのは、歴史的普遍性に堪えられる「談話」になっていない点だ。

 戦争の原因について、欧米諸国による「植民地経済を巻き込んだ経済のブロック化」に求めている。それに対抗して日本は「力の行使によって解決しようと試みた」としているが、満州事変、日中戦争、そして太平洋戦争はそれだけが原因なのだろうか。違う。日本国内の軍事ファシズム、超国家主義思想の台頭があった事実、経緯が全く説明されていない。これが安倍晋三首相の「認識」だとすると一面的すぎる。2006年、靖国神社の展示施設「遊就館」の展示をめぐって米国が抗議したことがあった。日米開戦を「自衛戦争」と強調する説明内容に、米側は一方的だと論じたわけだが、談話の歴史認識には遊就館的な偏った歴史観の片りんがのぞく。

 戦争の原因について「経済のブロック化」と規定してしまったゆえに、謝罪についてもその方向性と軌を一にする。中国、韓国といったアジアの国々は日本の軍事ファシズムの犠牲になった側面が強い。そのことを思えば、違和感を覚える。今回、日本軍に捕らわれた元捕虜のことにも触れられたが、欧米諸国の捕虜のことであり、中国などアジアの国々のそれではない。総じてアジアへの視点は恐るべきほど欠落している。

 「謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」とも言う。論理が逆立ちしている。本来は、史実を見つめたうえで、謝罪については次の世代に任せる、ということではないか。全体に言えることだが、「宿命」だとか自己陶酔的な言葉で飾り付けているだけで、どこか傍観者的な感じが否めない。

 ある面、歴史修正主義を思わせる内容だ。戦争原因の偏った分析だけでない。過去、現在、未来を同列で語っていることもそうだ。「植民地支配から永遠に訣別(けつべつ)」とうたう。いま、植民地主義を掲げている先進国はない。むしろ、欧米の植民地支配を想起させ、日本の戦争を正当化したいというような意図も見え隠れする。「アジアやアフリカの人々を勇気づけた」とする日露戦争への評価もまた、韓国などには異論があるだろう。

 結語で、積極的平和主義の旗を掲げるとも語った。だが、「価値を共有する国々と」の前提付きだ。中国を意識しているのだろう。けん制しているようにも感じられる。その意味では、外交的な計算で書かれたものだとも言えるだろう。

 安倍首相が談話を発表した翌日、天皇陛下は戦没者追悼式で「深い反省」という言葉を使った。天皇陛下は「昭和の戦争」の追悼と慰霊の旅を続けている。それだけに言葉に込められているメッセージは行動と一体化して聞く者の心に届く。安倍首相の70年談話は、戦後50年の「村山談話」の3倍の分量という。翻って−−というわけでないが、私の耳には3倍空虚に響いた。【聞き手・隈元浩彦】


米・中・韓の反応

 14日に閣議決定された「談話」は、米政府が「歓迎」の意向を表明する一方で、中国のメディアは「村山談話に比べて後退している」と論評した。今回の談話で「韓国」の文言が出てくるのは他のアジア諸国と併記された1カ所だけだったが、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は「注目する」と一定の評価をくだした。共同通信が14、15両日に実施した電話世論調査によると、「評価する」との回答は44.2%、「評価しない」は37%だった。


 「論点」は金曜日掲載です。opinion@mainichi.co.jp


 ■人物略歴

きたおか・しんいち

 1948年生まれ。東京大大学院博士課程修了。専門は日本政治外交史。国連次席大使などを経て国際大学長、政策研究大学院大特別教授、東大名誉教授。近著に「門戸開放政策と日本」。


 ■人物略歴

Andrew Gordon

 1952年生まれ。日本の近現代史が専門で、ハーバード大ライシャワー日本研究所所長などを歴任。公正な歴史認識を求めて5月に発表された「日本の歴史家を支持する声明」の署名者の一人。


 ■人物略歴

ほさか・まさやす

 1939年生まれ。長年の昭和史研究で2004年菊池寛賞。近著に「昭和天皇実録 その表と裏」など。戦後70年談話をめぐり、<過ちは潔く認めるべきだ>とする国内の歴史学者ら74人による「声明」に名を連ねた。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  2. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  3. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 市民バス、ミスで1カ月「白バス行為」 秋田・大仙市、有償運送者更新忘れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです