メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

“世界一早く歩く男”鈴木雄介の世界陸上金メダルをかけた戦いに完全密着!

<プロフィル>鈴木雄介(すずき・ゆうすけ) 1988年1月2日石川県生まれ。三人兄弟の末っ子。幼少期の習い事は、水泳とピアノ。小学生のときに、2歳年上の兄の影響で陸上クラブに入り、長距離選手として活躍。中学2年生から本格的に競歩を始めると、3年生の時には中学最高記録を樹立。高校、大学と順調に記録を伸ばし、社会人1年目の日本選手権で初優勝。3年目の日本選手権では13年ぶりに日本記録を塗り替え、5年目の今年「世界記録保持者」となる。

[PR]

 今年3月の全日本競歩能美大会で世界新記録を樹立した男子20キロ競歩選手・鈴木雄介がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット、8月23日午後11時半〜24日午前0時)に登場する。日本人が五輪種目の陸上競技で世界記録保持者となるのは、2001年女子マラソンの高橋尚子以来14年ぶり、男子ではマラソンの重松森雄以来50年ぶりとなる快挙だった。

 “世界一速く歩く男”と称されメディアの取材も50件を超えた。しかし「世界記録は意味が無い。世界大会で金メダルを獲って初めて世界一」と鈴木は言う。なぜか…。

 メダル候補として臨んだ2012年ロンドン五輪。鈴木は36位に終わった。翌年の世界陸上モスクワ大会でも12位と結果を残せなかった。国際大会の難しさを誰よりも知るからこそ世界大会での金メダルにこだわるのだ。

 そんな鈴木は、超が付く程の納豆好き。毎食欠かさず食べ驚く程かき混ぜる。だが米は食べない。世界記録保持者は、何事にも独自のルールを持っているご様子だ。

 番組では、22日開幕の世界陸上2015北京に臨む鈴木に完全密着。念願の金メダルを獲得し世界一になる事が出来るのか!?そして、レース後に鈴木は何を語るのか!?鈴木が出場する男子20キロ競歩決勝は、番組放送当日の23日午前に行われる予定だ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです