メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『鬼の花火師 玉屋市郎兵衛』小嵐九八郎・著

◆『鬼の花火師 玉屋市郎兵衛』小嵐九八郎・著(宝島社文庫/上下各税抜き730円)

 花火大会といえば今、文学好きなら又吉直樹『火花』冒頭の熱海の花火大会を思いうかべるだろう。巨大な花火を見ようと道を急ぐ人びとに、マンザイの小さな火花を放つ。常識の奔流への必死な抗(あらが)いがのっけからあらわれ、さまざまなエピソードで変奏されるこの作品はたしかに興味深い。

 しかし、常識への抗いは純文学の専売特許ではない。「ご存じ」という常識がならぶ歴史時代小説は、常識の一大容器であるとともに、常識との抗いの宝庫である。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. ヤフー、最大39万件のID誤登録 氏名、住所、電話番号など別の利用者に

  3. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです