メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『鬼の花火師 玉屋市郎兵衛』小嵐九八郎・著

常識の変更に向かう闇の中の一瞬の輝き

◆『鬼の花火師 玉屋市郎兵衛』小嵐九八郎・著(宝島社文庫/上下各税抜き730円)

 花火大会といえば今、文学好きなら又吉直樹『火花』冒頭の熱海の花火大会を思いうかべるだろう。巨大な花火を見ようと道を急ぐ人びとに、マンザイの小さな火花を放つ。常識の奔流への必死な抗(あらが)いがのっけからあらわれ、さまざまなエピソードで変奏されるこの作品はたしかに興味深い。

 しかし、常識への抗いは純文学の専売特許ではない。「ご存じ」という常識がならぶ歴史時代小説は、常識の…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文876文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです