メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊ビジネス

「想定外の事態」に変革迫られる日本社会 国内業者参入できず

外国人延べ宿泊者数(上)と全国の空き家率(下)

 急増する訪日外国人が、個人の部屋を旅行者に提供する「民泊」という、旅のスタイルを一変させるサービスを生み出した。だが、政府は「お金を取って人を泊めるには旅館業の許可が必要」(厚生労働省)とのスタンスを崩していない。ホテルでは部屋が不足し、市街地では「爆買い」の影響で駐停車の車があふれる混乱が発生。「観光立国」を目指す途上で見えてきた想定外の事態によって日本社会も変革を迫られている。【三沢耕平】

 「なぜ、Airbnb(エアビーアンドビー)がOKで我々がいけないのか」。昨年5月、長野県内の別荘を…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1285文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです