メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪日外国人

急増で「想定外の変化」 「闇ガイド」横行、「爆買い」バスで混乱

 訪日外国人の急増がもたらす「想定外の変化」は社会の広範に及ぶ。東京や大阪では、ホテルの稼働率が8〜9割に迫り、出張先で部屋を確保できないビジネスマンらが出てきた。大阪出張が多い東京都内の金融機関の社員(41)は「急な出張の場合、ホテルが取れなくなった。漫画喫茶やカプセルホテルに泊まるしかない」と嘆く。

 旅行者を有償でガイドする通訳案内士の不足も思わぬ事態を招いている。怪しげな健康食品の大量購入を促したり、誤った日本の歴史や文化を紹介したりする無資格の「闇ガイド」が横行。政府は「旅行者の満足度を低下させるだけではなく、日本の信頼や印象形成にも悪い影響を及ぼす」(太田昭宏国土交通相)とし、訪日客の多い中国当局と連携して調査する準備を進めている。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです