メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

寄席を知らないお客さんを「ヨセモンズ」に 三遊亭鬼丸さん

三遊亭鬼丸さん

 最近は、寄席を「よせ」と読めない人がいるらしい。でも、それは無理もない。「行ったことがない」人が多数だから。「だったら一度、落語を聴きに行ってみませんか?」という企画を、FMナックファイブ(NACK5)の人気番組「ゴゴモンズ(GOGOMONZ)」(月〜木曜午後1時)でパーソナリティーを務める落語家の三遊亭鬼丸さんが始めた。場所は東京・上野駅前の鈴本演芸場で、日時は9月1〜10日(上席)の夜の部(午後5時半開演)。トリはもちろん鬼丸さん(10日は早出)。来場者にはもれなく、鬼丸さんが「自腹で作りました」という「ヨセモンズ(寄席者達)ステッカー」がプレゼントされる。鬼丸さんに意気込みを聞いた。

 鬼丸さんと元地方局アナウンサーのピン芸人、「小林アナ」さんが出演する「ゴゴモンズ」は、若い世代を中心に高聴取率を誇る平日午後の人気ラジオ番組。鬼丸さんは2011年のスタート時から担当し、番組ではヒール役に徹している。これまでのFMの番組にはほとんどなかった、本音をぶつけ合うトークと、元気の出る選曲で首都圏でリスナーを増やしてきた。

この記事は有料記事です。

残り1510文字(全文1976文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです