メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうやるの世論調査

◆なぜ予測が当たるのか?

[PR]

 国会議員を選ぶ選挙を国政選挙といいます。18歳以上の人たちが投票できるようになる2016年夏の参議院選挙や、2014年末に慌ただしく実施された衆議院選挙のことです。その国政選挙の投票前に、選挙結果の予測をした記事を見たことがありませんか。どの政党がどれだけ議席を取るのか、だいたい当たっているので不思議に思ったことがあるでしょう。その予測をするのは世論調査の大きな役割です。

 なぜ当たるのか。それは調査対象者をできる限り正確に選び出しているからです。選び出すといっても、調査する側が勝手に選ぶわけではありません。有権者全体の縮図になるように、調査対象者を一定の規則にしたがって選び出すのです。これを「無作為抽出」といいます。調査する側の操作が入ってしまうと、調査結果は正しくなくなります。

 「抽出」は選び出すことですが、では「無作為」とは何か。次回詳しく説明します。【中村美奈子/デジタル報道センター】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです