メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

二つの探査機12月の大ミッション「何が起きても対応できるよう入念に準備をしたい」

NECプロジェクトマネジャーの大島武さん=竹内紀臣撮影

NECプロジェクトマネジャー、大島武さんインタビュー

 日本初の人工衛星「おおすみ」以来、多くの衛星、探査機の開発に携わっているNECで、小惑星探査機「はやぶさ2」と金星探査機「あかつき」という二つの探査機のプロジェクトマネジャーを兼務する大島武さん(49)。小惑星探査機「はやぶさ」の開発にも構想段階から参加し、最近の日本の惑星探査に深くかかわる。二つの探査機開発・運用の現状や今後の展望を聞いた。【聞き手・永山悦子】

 −−あかつきが今年12月の金星周回軌道への再投入に向けた軌道変更に成功し、先月末には(太陽熱の大きな影響を受ける)太陽の最接近点も通り抜けました。プロジェクトマネジャーとして、どんな気持ちですか。

この記事は有料記事です。

残り5326文字(全文5634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです