連載

脱「福島論」往復書簡

毎日新聞デジタルの「脱「福島論」往復書簡」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

脱「福島論」往復書簡

4)開沼博さん→東浩紀さん 生きる当事者の現実捉えて

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
開沼博さん=内藤絵美撮影
開沼博さん=内藤絵美撮影

 哲学者の東浩紀さん(44)と社会学者の開沼博さん(31)が往復書簡を通じ、東京電力福島第1原発事故後の「福島」の語り方について思索を深める。前回(7日掲載)、東さんが問うた「復興」のあり方について、開沼さんは自身が軸足を置く「そこに生きる人=当事者」の言葉や感覚に基づく思想を基に反論する。【構成・石戸諭】

 前回のやりとりが残念だったのは私も同じですが、ズレはズレたままにせざるを得ないようです。本題に入ります。

この記事は有料記事です。

残り1956文字(全文2163文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集