メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

特許は誰のもの?の巻

社員の発明は会社のものに 対価支払いないとやる気そぐ

[PR]

電次さんが、新聞を読んで首をひねっています。何か気になるニュースがあるのでしょうか?  2015年7月、改正特許法が成立しました。これにより、社員が発明した特許が社員から会社のものになるというのです。特許とは、発明した技術や考えを独占的に使える制度で、最長20年(医薬品は25年)有効です。 医薬品を例に取れば、独占的に生産・販売でき、市場規模は1200億円と言われます。
特許の制度はどの国でも同じというわけではありません。 ドイツでは特許権の帰属先は社員ですが、請求すれば会社に移ります。対価や補償は「相当の補償を求める請求権がある」とされています。 米国でも特許権の帰属先は社員ですが、こちらは当事者の契約で定められます。対価や補償に関する法律上の規定はなく、契約で定めます。 英国とスイスは特許権の帰属先は会社です。対価や補償に関しては、英国では利益の大きな発明は裁判所などが判断しますが、スイスでは法律上の規定はなく、契約で定めます。 ところで、初めて特許が成文法で認められたのは1474年、ベネチアの「発明者条例」でした。 日本には1871年に導入されましたが、翌年に中止。曲折を経て1885年、高橋是清初代専売特許所長の尽力により、「専売特許条例」が公布されました。 日本の特許第1号は、彫刻家で漆工芸家・堀田端松氏の「堀田錆止(さびどめ)塗料及び其塗法(そのとほう)」でした。 ところで、2000年代前半に発明の対価を巡って訴訟が相次ぎました。それが、今回の特許法改正の発端になったのです。どんな訴訟があったのでしょうか?
主な裁判はオリンパスのビデオディスクや日立製作所のCD読み取り、味の素の人工甘味料、日亜化学工業の青色LEDなどです。 青色LEDの開発でノーベル物理学賞を受賞した中村修二さんが話題になりましたね。中村さんは研究者として勤めていた徳島県の日亜化学工業に200億円を請求する訴訟を起こしました。1審では請求通り、200億円の支払いを会社側に命じましたが、東京高裁での和解では大きく減額され8億4391万円となりました。 ノーベル賞受賞関連では、山中伸弥教授が所長を務める京都大iPS細胞研究所が国内で6件の特許を取得しています。
では、特許を取得するにはどうすればいいのでしょう。 特許庁にまず出願。公開、審査を経て、認められれば晴れて登録されます。 今回の特許法改正は、「社員に不利益になる」と反対の声も根強かったのも事実です。せっかくの発明が会社のものになってしまうのでは、社員が意欲をなくしてしまい、元も子もありません。 電次さんは、菊さんそっくりの「カリスマ店員ロボ」を発明したようです。大輔に売り込もうとしていますが、大輔はきっぱり「結構です」。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです