SUNDAY LIBRARY

堀 和世・評『コーヒーゼリーの時間』木村衣有子・著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

スターはいつも一人きり 黒光りする自分だけの星

◆『コーヒーゼリーの時間』木村衣有子・著(産業編集センター/税抜き1400円)

 故郷砂場県にスターバックスが全国で最後、やっとこ一軒進出した。当たり前だが、誰も自慢する相手がいない。開店当日砂場県人が長い列を作るニュースを、その他大勢の日本人のふりをして見た。

 「スタバなし県のままでいいのに」としたり顔で話す都会人が「鳥取と島根、どっちが右だっけ」と軽口を飛ばす。事実、来夏の参院選で両県は合区されて1選挙区になる。一つになったら冗談も成立しなくなるだろうが、「1県1区のままでいい」と言う人にはあまり出会わない。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1087文字)

あわせて読みたい

注目の特集