特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・霞が関ふるさと記

長野県(上)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関博之氏
関博之氏

教育政策研所長の大槻氏は伊那北

 教育県といわれるだけに、長野高、松本深志高などを中心に県立の進学高校が多い。霞が関で活躍する各校の出身官僚が多いため上下2回に分けて掲載する。今回は防衛省、総務省、文部科学省、厚生労働省、会計検査院を紹介する。

 県の今年一番のニュースは、同県出身の油井亀美也さんが、国際宇宙ステーションの長期滞在クルーに選抜されて搭乗したことだろう。油井さんは、野沢北高を出て防衛大学校に進み、航空自衛隊の戦闘機のパイロットとして活躍。09年2月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の第31期宇宙飛行士訓練生に選抜されていた。防衛省には、内閣官房副長官補兼内閣サイバーセキュリティセンター長の高見沢将林氏(東大法78年防衛庁)がいる。佐久市出身で野沢北の先輩でもあり、油井さんにエールを送る。北関東防衛局長の渡辺一浩氏(早大理80年防衛庁)は豪雪地帯の小谷村出身で松本深志卒だ。同校の卒業生に元長野県知事の田中康夫氏、映画監督の降旗康男氏などがいる。

 総務省では、内閣府沖縄政策担当政策統括官の関博之氏(東大法81年自治省)が総務省の県人会長を務める。「両親とも長野市出身。松本市で生まれた」と話す。父の転勤の関係で高校は東京教育大付属駒場高を出た。自治税務局長の青木信之氏(東大法82年自治省)は塩尻市に本籍を置く。高校は神奈川県の私立栄光学園卒だ。自治財政局審議官の内藤尚志氏(東大法84年自治省)も本籍は長野で、高校は鹿児島市の私立ラ・サール高…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集