特集

毎日フォーラム

「官と民」「中央と地方」をつなぐ政策情報誌「毎日フォーラム」の記事を掲載しています。

特集一覧

毎日フォーラム・世界はいま

EU統合に暗い影=斎藤義彦(毎日新聞ブリュッセル支局長)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ユーロ圏財務相会合で、モスコビシ欧州委員(左)と話し込むドイツのショイブレ財務相=ブリュッセルで7月13日、EU提供
ユーロ圏財務相会合で、モスコビシ欧州委員(左)と話し込むドイツのショイブレ財務相=ブリュッセルで7月13日、EU提供

弱い国排除のドイツの“暴走”

 財政危機に陥っているギリシャに対し、欧州連合(EU)が3年間で最大860億ユーロ(約12兆円)の新たな金融支援策を今年8月に決定、2009年から続いた債務危機に一応の区切りがついた。ギリシャを巡る最近の混乱は、今年1月に発足したギリシャの最左派・チプラス政権が、緊縮策を最優先するこれまでの救済策に異議を唱えようとして、ドイツなど債権国に力でねじ伏せられたのが構図だ。国民投票まで強行したチプラス政権の反抗的態度に、ドイツはギリシャの一時的なユーロ圏からの排除を提案するなど「暴走」(独メディア)、今後のEU統合に暗い影を落としている。

 今回のギリシャ危機は、更迭されたバルファキス元財務相の派手な言動や、国民投票などサプライズを繰り返すチプラス首相(当時)の存在感で注目を集めたが、債務危機自体は深刻でなかった。

この記事は有料記事です。

残り1959文字(全文2331文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集