メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「禁演落語」の“毎度、バカバカしい経験”があるからだ

 この夏、笑福亭鶴瓶師匠の「勇気ある発言」が落語界で話題になった。8月8日放送の「樹木希林 ドキュメンタリーの旅」(東海テレビ)。ゲスト出演した鶴瓶師匠は憲法解釈を変えて、集団的自衛権を認めるとする「安全保障関連法案」について話し出した。

 「当たり前ですやん。そんなこと……。なんのための戦争なんですか? なんのための……。意味わからんな、ほんまに」

 「国の言うことを、この年になって信用したらあかんと思う、60過ぎてね、全部が国の言うこと、これ、大…

この記事は有料記事です。

残り2337文字(全文2588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです