メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シルクロードを歩く

2 中央アジアの地に残る抑留者の足跡 タシケント

日本人抑留者ゆかりの展示品が並ぶ資料館で、展示品の説明をする館長のジャリル・スルタノフさん=ウズベキスタン、タシケントで2015年8月9日、垂水友里香撮影

 鉄くずを固めて延ばして作ったスプーン、手作りのゆりかご−−。中央アジア・ウズベキスタンの首都タシケントにある小さな資料館に、旧日本軍兵士らゆかりの品々がひっそりと展示されていた。資料館は、ウズベク人の元技師、ジャリル・スルタノフさん(70)が旧ソ連から独立した1991年から資料を集め始め、私財を投じて98年に開いたものだ。

 旧ソ連は、第二次世界大戦が終わった後、満州(現中国東北部)や朝鮮半島北部にいた日本兵ら約60万人を…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1378文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです