シルクロードを歩く

2 中央アジアの地に残る抑留者の足跡 タシケント

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本人抑留者ゆかりの展示品が並ぶ資料館で、展示品の説明をする館長のジャリル・スルタノフさん=ウズベキスタン、タシケントで2015年8月9日、垂水友里香撮影
日本人抑留者ゆかりの展示品が並ぶ資料館で、展示品の説明をする館長のジャリル・スルタノフさん=ウズベキスタン、タシケントで2015年8月9日、垂水友里香撮影

 鉄くずを固めて延ばして作ったスプーン、手作りのゆりかご−−。中央アジア・ウズベキスタンの首都タシケントにある小さな資料館に、旧日本軍兵士らゆかりの品々がひっそりと展示されていた。資料館は、ウズベク人の元技師、ジャリル・スルタノフさん(70)が旧ソ連から独立した1991年から資料を集め始め、私財を投じて98年に開いたものだ。

 旧ソ連は、第二次世界大戦が終わった後、満州(現中国東北部)や朝鮮半島北部にいた日本兵ら約60万人を連行し、強制的に自国や衛星国のインフラ整備に従事させた。シベリア地域に多く抑留されたことから「シベリア抑留」と呼ばれるが、収容所は広大なユーラシア大陸各地に設けられ、ウズベキスタンでは約2万3000人が、発電所やダム、住宅などの建設に使役された。

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1378文字)

あわせて読みたい

注目の特集