メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の違い

人間や動物の腸内にいて乳酸や酢酸を作り出すのはどちら?

[PR]

勅使河原賢一くん「牛乳グビグビ」
ケビン「グビグビっていい響きデスヨネ! おいしそう!って思いマス」 勅使河原「ボクも牛乳大好きです! 新潟県三条市では『ご飯に合わない』という理由で、給食時間に牛乳を提供するのをやめましたね」 ケビン「『ドリンクタイム』という牛乳を飲むための時間を設けるソウデス」 勅使河原「デザートのヨーグルトは給食に出るんでしょうか?」 ケビン「さ、サァ……。ちょっとそれはワカラナイネ」
勅使河原「最近、ヨーグルトというか腸内細菌にハマっていて……。気になってしまいました」 ケビン「『乳酸菌』とか『ビフィズス菌』とかダネ」 勅使河原「そうです。『乳酸菌』と『ビフィズス菌』は同じだと思っていました!」 ケビン「違うんデスネー。ちょっと解説してミマショウ」
ちょっと最近、OPP(おなか・ピー・ピー)なケビンです。こんにちは。季節の変わり目で、体調がイマイチ。皆さんもお気を付けください 勅使河原「ボクも気を付けないと……」 さて、今回は「乳酸菌」と「ビフィズス菌」について解説します。いずれも細菌の一種です。ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれていますが、どんな違いがあるのでしょうか。 「乳酸菌」は、人間の腸内のほか、自然界に幅広く存在する細菌で、糖から「乳酸」を作り出します。牛乳から見つかったのが名前の由来です。形は球状と桿(かん)状のものがあり、酸素があっても生育できる通性嫌気性という性質を持っています。ヨーグルトやチーズの製造にも使われますね。
一方の「ビフィズス菌」は、酸素があると生育できない偏性嫌気性を持ち、主に人間や動物の腸内に存在しています。形はY字やV字状です。糖から乳酸だけでなく強い殺菌能力がある酢酸も作り出します。 「ビフィズス菌」は大腸菌などの悪玉菌の繁殖を抑え、排せつの促進や下痢や便秘の予防など、腸内環境を整える働きがあります。 「乳酸菌」も「ビフィズス菌」も、人間の腸内では健康に良い働きをする「善玉菌」として存在します。その数は「乳酸菌」は1億~1000億個、「ビフィズス菌」は1兆~10兆個です。 ケビン「『ビフィズス菌』入りの乳製品で補いたいデスネ」
勅使河原賢一くん「ヨーグルトもりもり」
勅使河原「ヨーグルトをたくさん食べて『ビフィズス菌』を取らなくちゃ」 ケビン「市販のもので取る場合は『ビフィズス菌』入りの商品を選ぶようにシマショウ。年齢を重ねるごとに腸内のビフィズス菌は減っていきますから、気になる方は意識的に摂取した方がイイネ。では、マトメマス!」
今回のまとめです。 乳酸菌:自然界に広くいて、乳酸を作り出す ビフィズス菌:人間や動物の腸内にいて、乳酸と酢酸を作り出す

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです