メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうやるの世論調査

◆無作為とは何か?

[PR]

 世論調査が国民全体の意見を反映しているかどうかのカギは、「無作為抽出」です。「無作為」とは、クジ引きのように、すべての人が一定の同じ確率で選び出される状態のことです。選ばれやすい人や、選ばれにくい人がなく、誰もが偶然に調査対象者に当たることを指します。

 正確に無作為抽出ができていれば、国民全体の意見がどのようなものか、だいたいの見当がつくのです。調査結果にどの程度、誤差があるのかも分かります。

 どうやって無作為抽出するのでしょうか。調べたい人たちの名簿があり、一人ひとりに連続した番号が振ってあるとします。数式を使ったクジ引きをして、クジで出た番号の人を1人目の調査対象者に決めます。2人目以降は、あらかじめ決めておいた同じ間隔で選び出します。調査に必要な人数分、この作業を繰り返していきます。間違いなく作業するのがポイントです。【中村美奈子/デジタル報道センター】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. サッカー・ルヴァン杯 26日開催の7試合中止に 新型コロナ感染拡大

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです