メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうやるの世論調査

◆無作為とは何か?

[PR]

 世論調査が国民全体の意見を反映しているかどうかのカギは、「無作為抽出」です。「無作為」とは、クジ引きのように、すべての人が一定の同じ確率で選び出される状態のことです。選ばれやすい人や、選ばれにくい人がなく、誰もが偶然に調査対象者に当たることを指します。

 正確に無作為抽出ができていれば、国民全体の意見がどのようなものか、だいたいの見当がつくのです。調査結果にどの程度、誤差があるのかも分かります。

 どうやって無作為抽出するのでしょうか。調べたい人たちの名簿があり、一人ひとりに連続した番号が振ってあるとします。数式を使ったクジ引きをして、クジで出た番号の人を1人目の調査対象者に決めます。2人目以降は、あらかじめ決めておいた同じ間隔で選び出します。調査に必要な人数分、この作業を繰り返していきます。間違いなく作業するのがポイントです。【中村美奈子/デジタル報道センター】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです